腰痛との戦い

腰痛が持病となって30年近くになります。

若い頃に迂闊な姿勢で迂闊に物を持ち上げて(小さな子供でしたがw)、ギックリ腰になって、救急車のお世話になった時から、定期的に腰を痛める様になりました。

ただし、いわゆるギックリ腰と、その後の慢性的な腰痛とは原因が異なります。

直接的な原因は異なるのですが、間接的には関係はあるかもね?というのが昔見て頂いてた整形外科の先生の意見でした。

ギックリ腰は、筋肉の損傷や炎症によって急激に引き起こされる激痛で、個人的な経験では、身動き出来なくなり、最悪は呼吸すら難しいという状態になります。呼吸によって腰周辺の筋肉が微妙に動くと激痛を伴うからです。我慢すれば呼吸は出来ますw

軽ければ、1日じっとしてればかなり楽になりますが、酷い時は救急搬送されて痛み止めを注射して貰わないとどうにもなりません。


私の場合はその恐怖の体験を、30歳ころまでに何度か味わった結果なのか、変に腰を庇う姿勢を取る様になり、逆に負担を強いたのかも知れません。椎間板ヘルニアを発症しました。

これはギックリ腰の原因である筋肉とは異なり、背骨の間にある椎間板が飛び出して神経を刺激する事で起こる腰痛ですが、腰痛だけでなく、下半身のあちこちに不具合をもたらすのです。

この両タイプの腰痛に悩まされ、やがて慢性的に足に症状が出始めたので、手術という事になりました。

この経験が、遂に会社員生活を断念して独立して仕事をする切っ掛けにもなった訳ですがね。


メスで切らずに、腹腔鏡手術で飛び出した椎間板を削ってもらって症状は無くなったのですが、それも一時だけで、やがて同じ症状に何度も悩まされる事になりました。

ただ、以前ほどの痛みは感じない為、油断しがちなのです。


どういう仕組みなのか、季節の変わり目に酷い腰痛に襲われます。


春と秋。


最悪、1カ月以上も杖を使わないと起き上がれませんし、もちろん歩けません。


これを年に二回経験するので、毎年2カ月ほど杖を使って生活します。


ところが、今年は春というか4月と5月に兆しがあったので、早め早めに湿布したりしてかなり用心したのでした。・・・いあ、いつも用心してはいますけど、それでも痛めてしまうことが殆どです。

何故なら、コロナ禍で受けた打撃への救済策に色んな申請が必要だったり、ワクチン接種の予定もあったりで、1カ月も倒れてしまうと生活が成り立たないのです。

で、どうやら5月も乗り切り、もはや季節の変わり目でもなくなったので、かなり油断してしまった途端、強烈な腰痛に襲われて1週間ほどほぼ寝たきりに。

ただし、ロキソニンを飲むと動ける事を知ったので、どうしてもの時はロキソニンを飲んで活動し、それ以外は寝て過ごしました。ロキソニンって、連続して服用するべき薬じゃありませんからね。

昨日くらいからどうやら身動きが出来る様になってきたので、ブログを再開しました。

もう一つのブログと、本家サイトの更新も済ませたので一安心ですw

ヒロインたるもの!〜嫌われヒロインと内緒のお仕事〜 その1

私は、アニメは何でも見るのですが、当然、50過ぎのおっさんなので、許容範囲は狭いですww

なので、ほぼほぼ1話切りになります。

誤解が無い様に言い添えますと、仕事柄?趣味柄?子育て柄?どれも関係するのですが、普通の50過ぎのおっさんとは、ちょっと見る角度が違ってるとは思います。

1話切りとは言いますが、単にそれ以降見る価値無しといって切ってる訳ではなく、「あーそういう系のヤツですね~」という事で、それはそれで需要があって製作されてるのでしょうから、それはそれでもうOKなんです。

2話目以降まで見るのは、アニメというジャンルの芸術作品として何か見て行く価値が有りそうだな~と思う場合で、その価値の中には、後々まで語り継ぎたい名作もあれば、同じ様に語り継ぎたい駄作もある訳ですw

が、まぁ、駄作についてはワザワザ他人に話して回るにはよほどのレベルが必要なので滅多にありません。


なので、基本的には、「お!」と思う作品をレビューすることが多いです。


今回、「ヒロインたるもの!〜嫌われヒロインと内緒のお仕事〜」ですが、設定的には決して珍しい感じでは無いですよね。

だけど、どこか惹かれる感じがするのは、丁度、この2022年の前後あたりから、日本国内でアイドルの活躍が再開してる様な気配を感じるからでしょうかね?w

ぶっちゃけると、ジャニーズの復活でしょうか。

娘を持つ親としては、K-POPアイドルに一度も嵌らず、それ以外のアイドルに一切興味を示さなかった子らが、急激に Snowman や なにわ男子 に嵌っていく姿を見ていて、微笑ましくさえありましたからね。

で、必然的に一緒に映像を見る機会が増えるので、その影響力の強さなんかを見て、昔のアイドルと比較したりしながら、アイドルって凄いなぁーと思ってた訳です。

しかも、個人的に、ほんの少しですが、芸能界の裏側の片隅にちょっとだけ関わる仕事をしてた経験があり、何人もの国民的アイドルやもっと大御所レベルな芸能人の舞台リハやラジオ収録なんかに立ち会う機会も多く経験してきたので、舞台裏の面白さは判ります。

そんな状況で、「ヒロインたるもの!〜嫌われヒロインと内緒のお仕事〜」を見るのはタイムリーだと思った次第です。


気になる部分は、方言でしょうねw


西日本に住まう私なので、近畿から九州沖縄まで大勢の友人知人がいます。


当然、方言は気になる訳です。


下手な関西弁にはもう慣れっこですが、それでもやはり気持ち悪いものですw
京都大阪神戸の微妙なニュアンスの違いも気になるものです。


それが、下手な中国地方や九州地方なんかの方言になると・・・かなりアレですw


日頃、耳慣れてるそれら地方の方言が、全く異なるイントネーションで入って来ると、そっちが気になって物語が入ってきませんからね・・


なので、この作品の欠点はまず方言指導が無いか酷い点でしょうかね。

だけども、日本の男性アイドルを脇役に配した点では面白さはありますし、声優陣が豪華なので、興味が持てる作品だと思います。

最後まで楽しく見れそうです。

驚きの世界 修理というかリサイクル その1

以前に、ネタに困ったらYoutubeでよく見るジャンルの動画とか紹介することにした、というお話を書きました。


まぁ、しょっちゅう困るのですが、今回は、修理というか高度なリサイクルなのか、ともかく凄いなぁ・・と感心した動画のシリーズで、最初に見たと思う動画。


それをそんな風に修理するんだ!?ととても驚きましたが、このシリーズはとても数が多く、しかも色んなYoutuberが取り上げてるので、既に見知ってる人も多いと思います。

とりあえず、今回はこれ。



モーターって、分解修理出来るんですねぇ・・・

それもこんな手仕事で・・・

と、とても驚いたのでご紹介。


このシリーズは今後も取り上げていきますw
ギャラリー
  • 驚きの世界 修理というかリサイクル その1
  • ストリートビュー 東京が世界2位