オーバーロード 4期

さすがに貫禄ですね。

他に見るべき作品が無かったので、ついつい見てしまったのですが、本当は最終回までの放映が終わってから一気見しようと思ってたんですよねw


キングダムも同じで、こちらはまだ見ずに堪えてます。


迂闊にも第一話を見てしまった結果、耐え切れずに録画してた物をついつい見てしまい、立て続けに3話まで見て、ハタと気づき、そこでどうにか中断出来ましたww


やはり完全に面白いので、一気見するべきだという判断です。と言う訳で、オーバーロード4期の評価は後日に譲ります。


他でも書くし、これまでも何度もアチコチに書いてるのですが、アニメに限らず、ドラマ作品というのは基本的にストーリーがしっかりしてないとギャグ物以外は作品なんてものは成立しません。

中には、視聴者に解釈を任せる様な作品が持てはやされることもありますが、否定はしませんが、まぁそんなものはやはりインチキなまがい物だと思いますし、基本的には駄作だと断言しますw 理由は、要するに作品が完成していないからです。


しかし、いつもストーリーが完成してから世に出る作品ばかりじゃないどころか、そういうのは少数派なので、どうしても作品は作られながら世に出ていくことが多い訳です。


なので途中でストーリーの辻褄が合わなくなる事は珍しくないのですが、それを超える魅力が無いと、その時点で終わりです。そして多くの作品がそうやって崩壊していきます。


かのSTARWARSですら、初期3作品は一応綺麗に終わったのに、特に3作目が途中からやっつけ作品になってしまったことで、もともとの構想にあったとは言え、EPISODE1という蛇足に発展し、しかもその中に色んな余計な物、ポピュリズム的要素を放り込んでしまったので、最終的には前半3部作はギリギリだとしても後半3部作で完全にメチャクチャになってしまいました。それでもSTARWARSなので完全大失敗という評価にはなり得ませんけどね。


で、話を元に戻すと、まずストーリーがしっかりしてる事。

次にアニメだと、作画と声優さんの演技。実写だと俳優さんの演技。当然、それらは監督、演出家、脚本家の技量によっても大きく変わりますが。

そして最後の要素として、音楽。


この3つが揃わないと名作にはなりません。当たり前の話ですけどねww


テレビアニメ版のオーバーロードは、それらを持ってる作品の一つなのでやはり面白い、という事を言いたかったのでしたw

盾の勇者の成り上がり 2期

1期目は、作品の発想が面白く意外性が高かったので、面白くしさせて頂いたのですが、期待した2期目の出だしがかなり・・・そう、面白くありませんでしたww


原作を読んで無いので何ともですが、こう・・・テンポが悪いというか、何を描きたいのか?が全く伝わって来ず、30分間見てるだけですら苦痛という有様でした。


なので、途中切り確実だなぁと思って、取り扱わない方針だったのですが、同時期に見てた他の作品が、逆に途中からかなりつまらなくなってきたので、こちらのその後を見てみる事に。


その結果、2期目の前半である霊亀編終了後、少し話が変わって新しい展開となったお陰で、なんと!


どうにか完走できましたww


ただ、ギリギリでしたね。


異世界物やファンタジー物は好きなので、大抵は見れるんですけどねぇ。


要するに、前半のくだりは、後半のネタ振りだった訳ですが、回りくどいというか、目的が見えないというか、作者の独りよがりな要素が強過ぎた感じですかね。いや、どんな作品にもそういう部分はあるんですが、タイミングを間違うと、見ていて苦痛という事になっちゃう典型の様に感じました。


途中で見切らずに最後まで見て良かったとは思うので、まぁそこは流石に実績のある作品だと感心しました。


ちなみに先に途中で断念したのは、「勇者辞めます」ですが、途中切りしてしまった作品に関しては、扱わないルールですからね。面白いと感じるファンの方々も多いと思いますので、そこはノーカウントで行きたいと思います。


春アニメとしては、「キングダム」を楽しみにしていて、これは一気見したいので、敢えて見ずに我慢してます。


という訳で、縦の勇者は、途中から面白くなったのでギリギリで最終話まで見届けました、というお話でした。

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です その1

「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」という作品は、基本的には視聴する気は無かった作品ですw


1話切り以前に、タイトル時点で興味が持てなかったのですが、以前に「乙女ゲー」と名の付くアニメで名作と出会ってたので、暇潰しとしてついつい視聴してみたのでした。

尚、かつて見た名作とは「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」の事ですが、1期目は音楽も含めてとても良く出来た作品でした。

正直、2期目は蛇足だったと思ってますけどもw


さてさて、そういう訳でうっかり見てしまった「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」という作品ですが、完全に1話切りしそうになりました。

転生、転生前の記憶のお陰で超人的能力持ち、そのお陰で一気に大金持ち、金持ちなので最悪は金で問題解決可能、学園物、という、ありきたり要素しか無いような展開なので、まぁ見る価値無しと判断しそうに・・・いや、実は一度は完全にそう評価してしまったのですが、どこまで酷いのか?と気になって2話目を視聴w


はぁー・・・以外にも面白いやんかいさwww


思ってたのと違う展開が用意されてて、おー!なるほどアニメ化されるだけの事はあるなーと感心しましたw


まぁ、そうは言っても、基本要素がありきたりなのは確かなので、中盤まで見た結果は、少し飽き始めてますけどね。


完走出来るかどうかはまだ微妙ですが、思った以上に見入ってしまう作品ではあります。



一方、「このヒーラー~」は、見てると段々癖になってくるリズム感で、これは賛否は分れるのは承知ですが、個人的には完走は確実な作品になりましたw



・・・「盾の勇者~」の感想はまだ書いてないですが、、これはちょっとどうですかねぇ・・・
ギャラリー
  • 驚きの世界 修理というかリサイクル その1
  • ストリートビュー 東京が世界2位